2006年01月19日

『雪の街にて』 連載第八回

親愛なる恭博へ

私の体への気づかい、大変ありがとう。
体の方はまだ百パーセント快復したわけではありませんが、メールをくれたことに感謝しています。ちょうど二、三日したらネヴィルが家に来る予定なので、彼にもこのメールを読ませます。

旗の返還の時にあなたがくれた桜の木でできたコーヒートレーは、とてもありがたくて実は使っていません。あなたからの特別なプレゼントとして、大切にしています。そして、家に来た人がそれを見る度、桜の花の意味や親友であるあなたとのことについて話をしています。

あなたからメールをもらう度に、共に喜びを分かち合えていることを、いつも感じています。

チャールズ・ホワイト

     *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

「体の具合が悪かったのかい? ミスター・ホワイトは」
 私はメールの書き出しの部分が気になり、彼に尋ねた。
「ええ。でも今は大丈夫です。確か一昨年の年末頃でしたが、軽い肺炎にかかられて数日間だけ入院してたのを、後からもらったメールで知ったんです。退院後も当分自宅で静養するよう医者からいわれた、と。それを知ってからメールの度に体の具合を尋ねてたので、このメールの初めの部分はその返事です。でも、その後は無事に快復されて、今は元通り健康になったと聞いてます」
「それはよかった……。この文中の『ネヴィル』っていうのは、ミスター・ホワイトのことかな」
「そうだと思います」
「その次に君が贈った桜の木のコーヒートレーのことが書いてあるけど、何ていうか……。ありがたくて、もったいないから使えない。だから飾ってる、なんて……。本当にいい贈り物をしたんだね。ずっと大切にしてくれるはずだ。これからも見る度に思い出すんだろうな。この旗のことや、旗の返還までにあったいろんなことを……」
 彼は無言のまま頷いた。私はそのメールが印刷された紙を、そっと彼に返した。
 喫茶店の窓の外を見ると小雪は止み、傾き始めた日の光が冬の街を穏やかに包んでいた。
「雪も止んだみたいだ。そろそろ行ってみようか、父の墓に」
 と私はいった。
posted by Yasuhiko Kambe at 14:09| 雪の街にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。